アーカイブ 2016年4月

2016年 4月 21日

同じ失敗を繰り返さない私の成功レシピの作り方とは?

カテゴリー お知らせ

同じ失敗を繰り返さない私の成功レシピの作り方とは?
 
何か新しいことに挑戦すると、自分の理解を超えた課題に直面することがしばしばあります。
 
特にパソコン機器などは、10年以上も使っているにも関わらず、
   
「なぜ、君はそんなわけのわからない動作をするんだ~( ^ o ^ )ノ☆/;^-^)ノ」
 
 
と、ツッコみたくなることがただあります(;′Д`)
 
そして、そのような課題に直面する度に、私が思うのは、
 
 
「よ~し!はぐれメタルが現れたな!」ということです^^
 
 
例えば、1年前の自分より、今の自分の方ができることが増えています。
 
そして、今の自分より、1年後の自分の方がより色々なことができるようになっているわけです。
 
つまり、自分のレベルを超えた課題をクリアする度に、
   
「自分のレベルがどんどんと上がっていきます( ̄Д ̄)ノ」
 
 
なので、「毎日、今日もレベルが上っちゃうな~(ノ^-^)ノ」という感じなのですが、、、。
  
人は何も考えないで行動すると、
 
 
「同じ過ちを繰り返してしまいがちです(T-T)ヾ(^^ )」
 
 
だから、同じ失敗を繰り返さないための工夫が必要になってくるわけです。
 
じゃあ、どうやって失敗を教訓にできるのか?というと、、。
 
私の場合は常に
 
  
「自分が置かれている状況を1枚の画用紙に描くようにしています」
 
 
方法はいたって簡単です!まずは、主人公である自分のイラストを描きます。
  
そしてその主人公と関わる人たちも同時に描き、どのような過程を経て失敗したのか、、とイラストを使って物語にするのです。
 
すると、客観的に自分をみることができるので、将棋の盤面を上からみるように、
 
 
「自分なりの成功レシピを作り上げることができるわけです」
 
 
私の感覚では、自分という駒を使って詰将棋をしているような感じですね。
 
そして、そのようなことを思いながら、堀越さんの記事をみてみると私と似たようなことをしている人物を紹介されていました。
 
アメリカ資本主義の父と言われたベンジャミン・フランクリンもまた、13の徳目ということで、
 
 
「自分を成功させるためのレシピを自分で作っていたみたいですね♪」
 
 
人は感情の動物でもありますから、、、。日々何も考えないで行動すると感情に翻弄されてしまうと思います。
 
ただ、人に与えられた知恵&紙&ペンを有効活用すれば、自分の人生を自分でクリエイトできるわけです。
 
 
「この世界は、舞台であり、私たちは役者である・・・」
 
 
これは、私の好きな言葉の1つですが、
 
今日は、
 
 
「画用紙とボールペンを使って自分が活躍できる舞台を創りあげよう(*´ノ(゚∀゚*)」
 
 
というお話でした♪
p.s
最近、堀越さんは企業を上場させるためのコラムを連載始めたみたいですね。
上場を目指す方は、上場を成功させた実績のある下記堀越さんの記事をみてみると面白いと思います。
 
堀越さんの新連載コラムはこちら
http://www.hitachi-systems.com/report/story/rongo/index.html

Next »